2014/08/05

竹内香苗アナのブラジルだより

元TBSの竹内香苗さんといえば結婚後ブラジル・サンパウロに在住ですが
現地ブラジルからの情報をウェブ連載されています。

竹内香苗のブラジルだより

子育てのこと先月終わったワールドカップのことについてなど生き生きした現地の様子を綴っていらっしゃいますよ。
毎週水曜日更新。
この「ニッケイ新聞」というもの
ニッケイといえば日本経済新聞をまず思い浮かべますが
これは現地の「日系人」の日系
綴りも「nikkei」ではなく「nikkey」となってます。

せっかくなんで少し詳しく見てみると
この新聞この時代でもちゃんと「紙の新聞」も発行していて
「日刊」ではないものの週5回の発行で、発行部数は1万部
サンパウロは南米最大の日系人社会があると言われていますからさすがです

日本に居るとなかなか海外の日系人社会って想像もつかないのですが
そんな情報が遠く離れた日本からも読めるのが面白いですね。

更新情報は竹内香苗さんのツイッターからどうぞ

竹内香苗 (tkanae) on Twitter


さてちょっと話は変わりますが20年近く前のことです
私がかなり長いあいだにわたって海外の国々を旅していたときのことをちょっと書きます。

旅が長すぎて(1年を越えたので)「日本語に飢える」という状況になったのを思い出します。
その旅が長くなるにしたがってその飢餓状態は比例的に悪化していくのです

そのころはまだインターネットが普及する前で
いまのように携帯電話やPCなどもありません。とうぜんホテルにWi-Fiもないです。
そこで夜なにをするかというと本でも読みたいところですが
日本語に触れられるのはカバンにわずかに持ってきた数冊の本だけという状態。
それも何度も何度も飽きるほど読み直してしまったものでした。

そのなかでの楽しみは本の交換です。
日本人旅行者に巡りあうと手持ちの本を交換するのです
そうやって手に入れた本のほとんどは幾人もの旅人の手を経ているものでした

そのしるしに手垢やなんかで汚れたりボロボロであったのですが
そんなことは二の次で嬉しくて食い入るように活字を読んだのを思い出します。

そうやって手に入れた本も読み尽くすと
またどこかであった日本人に譲り渡していきました。


旅の途中、日本語の本を「大人買い」したこともあります。
パキスタンのペシャワールでのことです

街の中心の商店が立ち並ぶ通りを歩いていた時
自動車のパーツなんかを扱っている店先に日本語の本が20冊くらい無造作に置かれているのを発見しました。
文庫本ばかりですが状態はきれいで、井上靖の本がいくつもあります。
油まみれのパーツばかりの店先に日本語の本、ちょっと信じられない状況でしたが
店主に聞いてみると「売り物」だとい言います。
迷うことなく5冊手に入れました
一冊40ルピーくらいだいたい100円くらいでした。

旅をしていると読みたくなる本はやはり海外を題材にしたものや歴史ものだったりします
井上靖はまさにそれにピッタリ。そして文庫本にしては内容もボリュームたっぷり。
思わぬところで手に入れた5冊もの日本語の本でしたが
しばらくは「飢え」から開放されゆっくりじっくり本の隅々まで堪能しました。
そして読み尽くした本たちは全部、また出会った日本人に譲り渡していきました。

その本はまた誰かと交換されて次の旅人の手に渡ったことでしょう。
きっと何回も何人も。

ひょっとするとその本は今でも交換され続けているかもしれない
旅人の手を通じて世界中を回っているかもしれない
アジアからヨーロッパ行ったかもしれないし、アメリカ大陸まで行ったかもしれない
いまだに世界のどこかの誰かのバックパックの底に入っているかもしれない
ま、そんなことをちょっと想像してみたのでした。

いまはみんなKindleで持ち歩くからね!というツッコミは無しで頼みます。


追記。
ペシャワールで買ったのは
「天平の甍」「敦煌」「蒼き狼」「楼蘭」
中国の西域から中央アジアを舞台にした本ばかり。
ペシャワールのという僻地の自動車パーツ屋にでなんでこんな本
それは今でも疑問です
2012/10/31

竹内香苗アナ、ホリプロ入り

「竹内香苗アナ、フリー転身…ホリプロ入り」(SANSPO.COM)
16年にはリオデジャネイロ五輪が開催されるブラジル。「人生において大きな経験、新しい知識を得て、ポルトガル語も習得した。現地からブラジルの文化、良さを伝えていければ」と話しているという
早くもポルトガル語習得済み!さすがですやん。
夫の赴任先ということで偶然やってきたブラジル移住
そこでオリンピック、ワールドカップという大イベント開催に
これを仕事に生かさない手は無いんじゃない?との予想どおり
彼女のリポートがブラジルから拝見できそうですよ、楽しみ。
2012/08/28

竹内香苗アナウンサー9月でTBS退社

竹内香苗退社。
8月26日の「爆笑問題の日曜サンデー」で衝撃の発表をしたもようです

3月に結婚した旦那のブラジル駐在に同行するとのこと、それも期間は5年!
サンパウロに住むことになるらしいですがくれぐれも気をつけてくださいね
と、いうことで女子アナからは引退となるのですよね、残念。

しかし行き先が違いますやん!
2014年ワールドカップ、そして2016年オリンピックと超ビッグイベントを開催するブラジルですよ
ここで竹内アナを使わない手はないでしょう!
経験豊富なアナウンサーを、それも「交通費なし!!!」で雇えるこのチャンス
TBS、その他局でもどこでも黙ってるほうがおバカさんですよ
さぁさぁ、さっそく各局の争奪戦が始まりそうな予感。

ということで竹内アナの女子アナ復帰は早まりそうです。
2012/03/30

TBS竹内香苗アナウンサー結婚

▼「TBS・竹内香苗アナ、一般男性と結婚」(スポーツ報知)という記事より
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120330-OHT1T00021.htm
TBSの竹内香苗アナ(33)が一般男性と結婚することが29日、分かった。関係者によると30日に婚姻届を提出する予定だが、挙式・披露宴は未定。妊娠はしておらず、結婚後も仕事を続ける。
春ですねーなにやら女子アナニュースも出産・結婚などおめでた続き、ついにTBSの人気アナも結婚となりました。
おめでとうございます。
地上デジタル大使といえば未婚なのはあと、森本智子アナ(テレビ東京)と馬場典子アナ(日テレ)のみ
どちらにも早く春が来てほしいような、ずーっと独身でいてほしいような。フクザツなのです。
2009/12/17

朝ズバ!が竹内香苗アナから久保田智子アナに交代へ♪

「朝ズバッ!女性キャスター&男性アナ交代」という記事より(スポニチAnnex)
みのもんたの朝ズバッ!の女性キャスターが交代することになった
みのをサポートするサブキャスターを番組開始の05年3月から務めていた竹内香苗アナウンサー(31)が年内最後となる29日の放送で卒業し、来年1月4日から久保田智子アナウンサー(32)が登場する。2人は東京外国語大(英語専攻)の先輩後輩の間柄。久保田アナは「どうぶつ奇想天外!」で01年10月から08年9月までアシスタントとしてみのと共演した。
やっと変わりましたか。。。
しかし5年も早朝のレギュラーやらせるなんて....長過ぎますよいくらなんでも。
フジも日テレにも言えることだけど同じメンバーのままダラダラ引っ張りすぎ

でもね早朝の生放送の担当って制作側から言うと非常に「便利な存在」になっちゃうのよね
生放送終わったらカラダ空くもんだから
ついつい他の仕事を放り込んで拘束しちゃうのね
ロケとか特番とか ー 勤務時間のこととか考えずにね

気の毒ですよ特定の女子アナさんを不規則な時間帯に張り付けちゃうのってね
そんなことよりどんどん若手使って入れ替えて、それで育ててほしいものです。

何年も「卒業」できずにいる女子アナさんの泣き声が聞こえて来ます...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。