2012/04/13

4/20(金)オールナイトニッポンGOLDは小島慶子

45周年企画の「オールナイトニッポンGOLD」は毎週、週替わりで話題のパーソナリティが登場
4/20(金)の夜は小島慶子が決定
キラ☆キラ降板後はトークインクロゼットを始めた小島慶子ですがそれではやっぱり物足りないよね
女の人は老いも若いもしゃべり足りないとストレス溜まってキケンなので思いっきり喋らせてあげましょうね

このあいだ入ったレストランでとなりのテーブルに陣取った五人組のおば様たち
一瞬たりとも途切れることないマシンガントーク聞かせてくれたんだけど、よく聞いてると五人のうち一人が喋って他の四人が聞く。ということが無いのに驚き。
常に誰か二人くらいがべらべら喋りまくって誰かが聞いてても聞いてなくても長くしゃべり続けた人が勝ち抜き。そんな光景を見せてもらいました。まーうるさいこと。

小島さんはそのままオールナイトのレギュラーになってしまってもよしです。

▼オールナイトニッポンGOLD
http://www.allnightnippon.com/gold/45/

▼小島慶子のトークインクロゼット
http://magazine.livedoor.com/magazine/46
2012/03/22

メルマガとラジオ「小島慶子のトークイン・クロゼット」スタート

「小島慶子のキラキラ」が今月で終了するのは周知ですが、今後どんな展開をするのか注目されてた彼女
なんと「メルマガと"YouTubeでラジオ"」を開始します。

ちょっとややこしい感じですがメルマガはコチラから

■小島慶子「トークイン・クローゼット」(ライブドアメルマガ)
http://magazine.livedoor.com/magazine/46

そしておしゃべりの部分はコチラから誰でも聴けます
http://www.youtube.com/user/talkincloset
YouTubeにおかれる専門チャンネルです

さっそく「第0回」が公開されましたよ
http://www.youtube.com/watch?v=WRjf6ZfYo28


まさに自宅のウォークイン・クロゼットにおいて「H2N」使って録音されてるようです
家族が寝静まった"ど深夜"にこっそり収録されるようです

この「第0回」は14分ですが、これからは長時間化してほしいですね
週に一回では彼女自身も物足りないハズ

注)メルマガは初回の無料が終われば有料化(月額840円)していくことになりますが
注)ラジオ部分(YouTube)はずっと無料です。

一瞬ポッドキャストだったら自動ダウンロード簡単なのにな...とそんなリンクを探してみましたがそれはなしです
でもYouTubeからのダウンロードは推奨してるようで「mp3変換ツール」がリンクされてて笑えます。
2012/01/27

小島慶子、3月いっぱいでキラ☆キラ降板

1月26日のキラ☆キラで小島慶子が3月いっぱいでのキラ☆キラ降板について語っています

▼「2012年01月26日(木) キラ☆キラ オープニング」(ポッドキャスト)
http://www.tbsradio.jp/kirakira/2012/01/20120126.html

降板理由とそれに至った経緯についてしっかり彼女の言葉で話してくれています
番組が求めるものと彼女が求めるものとの相違。
これに尽きるのですが
小島自身がフリーになって言いたいこと言い出し局側との確執を生み
その結果こういう事態となってしまった、といったところですね。

そもそもこの番組、彼女自身がまだTBS社員だった時代にはじまったもの
もしまだ彼女が局アナだったらプロデューサーの言うことなんか「はいはい」と素直に聞いてのんだことでしょう。
もちろん本人が降板を申し出ることなんてないです
しかし今やフリー。
やりたい仕事をきっちり選んでいくということですね。当然といえば当然。
でも気持ち悪い降板の仕方になりましたね。

その降板理由の核心となった「番組ターゲット」云々もイマイチスッキリしませんでした

プロデューサーの主張する「40代、50代の男性自営業」層を取り込む番組、そのトークの仕方ってなんでしょう?
それも「現在番組を聞いていない人たちを取り込む」ってどうやってやるの?
いくらラジオで大声で喋ってもラジオさえ持っていない、持っていてもスイッチさえつけない人に聞いてもらうってどう考えても無理でしょう。
その方法について小島と局側、それぞれの具体的な例が出なかったのでわかりませんが
ラジオ以外での宣伝が足りない、ということについて言及していました。
雑誌でインタビューに答えたり、グラビアやったり外側の活動でキラ☆キラを宣伝してラジオに誘導するってこと
そこでのキラ☆キラの宣伝が足りずに局側が不満だった...
え、それですか?TBSも頭かたいな。
まぁでも、両者の関係がうまく行かなくなる原因には十分なりそうですね。

聴視率もトップとり、チヤホヤされて雑誌ではグラビアやって、
注目浴びたところでフリーに
番組より「コジマ」「コジマ」の名前に注目あつまり
それにこれまでなかったギャラ発生するようになるわ
番組の方向性についてゴチャゴチャ言い出すわ。。。。
局側としては「やりにくいよな。」となってしまった、のではないでしょうか?

ベテランの女子アナなら(局アナでもフリーでも)番組ターゲットなど根本的なことについて
そこそこ意見言うのも許されるでしょうが
今回
「眼の前にひとがいるのに、そのひとの肩越しの誰かに話しかける」なんて出来ない
云々のおはなし。あんまり説得力ありません
番組中ずーっとその人のこと考えて話すなんてないしね
「それも頭の片隅に」「それも念頭に」くらいのもんでしょう
それ向けのコーナーとか話題とか、おんなじように喋っててもプロデューサーが求めるものに答える方法なんかいくらでも方法はありそうなもの。
そんなのホイホイ!とやっちゃうのが小島だと思ってたのにな
こんなのにコダワルのって小島もカタくなったなー
融通が効くアナウンサーじゃなかったのかな?
効くんだろうけど。。。
うむ。
あえてそうしなかった、そうならなかった確執が両者にはありそうです

やはりやはり
ギャラですよ、ギャラ。
それまでタダで使えてたパーソナリティが突然、お金くれって言い出したんだもん
番組スタート時に彼女を起用した理由は「ギャラ要らない局アナ」これに尽きるでしょう
小島のキャラ?そんなの二の次三の次ですよ!
とにもかくにも制作費カットのためですよ。
それが勝手にフリーになってギャラ請求されたら
両者関係性は崩れていくよね

まだ学生の時にデートしたら割り勘だったのに
社会人になったとたん女の態度が急変して「おごって当たり前だ!」みたいな顔されるみたいなもの

各局のラジオ番組なんて制作費カットカットの連続で
パーソナリティが使うペンすら自前でなきゃならないこの世界だからね
小島自身もなぜ自分がこの番組のパーソナリティとして起用されたのか?
よーく考えればそんなにプロデューサーも悪人には見えてこないと思うんだけど
どうでしょう?

■キラ☆キラ
http://www.tbsradio.jp/kirakira/index.html
2011/10/16

水着あり!小島慶子、待望の初の写真集発売!

▼「小島慶子アナ 写真集で水着や下着姿も「抵抗ない」」という記事より
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/10/15/kiji/K20111015001823480.html
3人のカメラマンがそれぞれのテーマで撮影。水着や下着姿も披露している“アラフォー”の小島は「もともとビキニで子供とプールに行っているので抵抗はない。中年ど真ん中で余計な見えはないし、見て誰かが喜んでくれればうれしい」。すでに2人の子供は写真集を見ているといい「ママかわいいって言ってくれています」と話した。
すでにプレイボーイ誌などで水着グラビアデビューしていた小島慶子
その評判がすこぶる良かったのでしょう
ラジオもなかなか好調のようで、ついに写真集発売です
もちろんその水着もあり。

わかりませんねー女子アナってのも
ほとんどの女子アナさんてのは
一部の超人気アナの除いて
20台前半をピークにあとは下り坂をたどるのみ
アラフォーにもなってくると
だんだん"居場所”が難しくなってゆくものですが
小島慶子、まさかのここで大ブレイクをするとはね
人生わかりませんねー

ふたりの息子、この水着グラビア見てどう思ってるんだか
ここまでやると自慢のママかな?

カメラマンたちが見た小島慶子 (タレント・映画写真集)
カメラマンたちが見た小島慶子 (タレント・映画写真集)
2010/10/05

元TBS小島慶子アナウンサー水着グラビア公開ですよ♪

元TBSアナウンサー小島慶子さんのグラビア進出。
38歳、独立したとたんの水着グラビアなんて前代未聞。
それも子持ちアラフォーなもんだから

「借金抱えてんのとちゃうか!」
「事務所に騙されてるんと違うか?」

さまざまな憶測が飛びましたが
さてさて
この週間プレイボーイのグラビアについて

ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!さんが実際に週プレ購入のうえ詳しくリポートされています

▼「元TBSアナウンサー小島慶子 38歳初ビキニ&インタビュー「私が水着になった理由(わけ)」『週刊プレイボーイ』No.42 2010年10月18日号(集英社)」
http://radio-critique.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/tbs-38no42-2010.html

この記事からサンプル画像や撮影風景の動画リンクが貼られていますのでぜひどうぞ。

ひととおり拝見しましたが。
胸はぺっちゃんこなのはしょうがないとしても
出産経験した38歳とは思えないスレンダーさ
ビキニもぜんぜんオーケイですね
なるほど
確かにビジネスになるボディです

ラジオのトークは確かにおっさん臭いけど
見直した!
まだまだやるね小島慶子。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。