Top日記>チベットに自由を!Free Tibet!
2008/03/23

チベットに自由を!Free Tibet!

私はチベットの仏教の信徒としてみなさまに申し上げます。
中華人民共和国政府によるチベット人殺害とチベット仏教に対する宗教弾圧、武力行使に抗議します。
tibet
虐殺されたチベット人の画像(ショッキングなので心臓の悪い人は閲覧注意)(チベット人権民主化センター)

現在、チベット自治区および周辺において中国政府による武力弾圧が行われています。
中国政府は否定していますが、すでに100名を超えるチベットの仏教徒の命が失われています。
これ以上中国政府によるチベット仏教への宗教弾圧、チベット人への関与を続けさせるわけにはいきません。

現在チベット問題はメディアでは「ダライによる煽動があった」というように伝えられていますがまったくの嘘であります。
報道されている情報はほとんどが中国側の一方的な言い分でに終始しており、日本のメディアも中国政府の言うままタレ流ししており「中国側にとって都合のいい」報道になっています。
これが中国お得意のワザであるのはよくご存知でしょう。

「毒餃子」における中国政府の見解と同じです、『日本で毒が入れられた....』まさかそんなことを信じたバカはいなかったでしょう?
それを同じなのです。ダマされてはいけません。
これが中国という国家なのです。
人権を蹂躙している中国。
宗教に弾圧をかけている中国。
一般市民に対して発砲する中国。

自らは虐殺者であるにもかかわらずそのような国が平和の祭典オリンピックを開催しようとしていいのでしょうか?
オリンピック開催にあたって「人権に配慮する」ということを自ら言っておきながら、この武力弾圧はいったいナニなのでしょう?
このような国でオリンピック開催することを支持することは、テロリスト国家を支持しているということと同じなのです。
また中国政府は経済的な優位性をもって他国に圧力をかけ、さらにその正統性を主張しています。
市民に発砲したのは天安門事件でした。
中国は1959年のチベット侵略から120万人を超えるチベット人を虐殺してきました。

中国政府は海外メディアに対しては報道規制をとり、情報が国外に流出することを阻止するのに躍起になっています。
いまやチベット入りした人民解放軍が暴走し北京政府のコントロールが及ばなくなっているとの情報もあります。
これからもっと激しく武力行使が行われ死傷者、逮捕者が出る可能性少なくありません。
私はこのような中国政府の姿勢に断固抗議し、チベットに真実の平和が訪れることを強く望みます。

◇【関連リンク】
チベットサポートネットワークジャパン(TSNJ)
ダライラマ法王日本代表部事務所
チベット人権民主化センター
虐殺されたチベット人の画像(ショッキングなので心臓の悪い人は閲覧注意)(チベット人権民主化センター)

チベットにおけるの中国政府による武力侵略について
映画「Seven Years In Tibet」の後半部分に分かりやすく描かれています。

また現在「慈悲と修羅」という漫画がネットで話題になっているようです。ぜひ捜して見て下さい。


ブログにおいてもチベット問題を扱ったブログが圧力を受けているようです。
ジャーナリスト上杉隆氏のブログ「東京脱力新聞2.0」より
「「チベット騒乱」 ブログを無断検閲、エントリー内容を勝手に変更(驚) ライブドアか?中国当局か」(3月22日付けエントリー)

これによると3月21日にエントリーした記事に中国政府を批判した文面とチベット人権民主化センターHPへのリンクさせた記事を載せたところ、「その部分」が無断で削除されてしまったそうです。

ライブドアに中国政府から圧力がかかったのか?中国政府が直接ハッキングして削除したのか?いまだ真実はわかりませんが、許せないことです。





この記事へのコメント
写真を拝見しました。
ショックでした。
怒りが湧いてきました。
第三者の私は何もできませんが、北京オリンピックを楽しむ事はもうできないでしょうね!!
Posted by ガン・ソクチン at 2008/03/23 15:10
当記事が掲載されているということは、
管理人さんが承認されたと思って
差し支えないでしょうね?

私も連日のマスコミ報道に対して
(そのほとんどがTVですが)、
大きな「?」を感じないでは
いられませんでした。

この記事でも指摘されていますが、
私自身「天安門事件」再びか
という思いがしました。

たとえいかなる体制の国であれ、
今日のように近代的になった世界の中にあって、
自由な思想や信条を武力を行使して
圧殺しようなどということを、
当事国である中国以外の他国、
つまり日本を含めた世界各国が
こうした暴挙を絶対に許しては
いけないのです。

そしてこれまた本文に記されているように、
このような卑劣野蛮な国において開催
されようとしているオリンピックなど、
絶対にあってはなりません。

敢えて青臭いことを書きます。
人1人の命は地球よりも重いのです。
Posted by ネコロンボ at 2008/03/23 17:03
このブログを執筆しているのは
ただひとりですから上のエントリーは
わたくし管理人の意見であります。

わたくしは十数年前にチベット地域や、ネパール、インドを訪れた際、
弾圧を受けて避難民として暮らしているチベット人たちに出会いました、その当時にいかなる宗教弾圧がチベット仏教に対して行われたかを知りました。
チベットに対する理解はまだまだ多くを知られているとは言えません。
特に、メディアによる偏った報道では知られざる事実が多くあるのです。

みなさんにも、ぜひ上記の映画やまたはダライラマ14世猊下の自叙伝を読んで頂きたいと思います。
Posted by 管理人OC♪ at 2008/03/24 22:58
この件については既に
コメントしているので
手短に書きます。

「女子アナ」に興味を持ち、
時には低俗な欲求の対象としようとも、
そうした人々すべてを十把ひとからげに
して「オタク」だの「ニート」の
一種であると決めつけないでいただきたい。

繰り返しになりますが、
何より腹に据えかねるのが
マスコミの偏向報道。
そもそも「チベットの暴動」という
言葉の使われ方自体、大いに問題が
あると思います。
Posted by ネコロンボ at 2008/03/26 18:03
中国の人権はまだ足れない、これも事実ですか、日本人思うのよう「悪魔みたい」でもないさ。今回なぜ中国の人々を反発のはけして
愛国心に燃えているようなもんだけだ。アメリカから捏造された新聞からだ。それにその捏造された新聞の影像も見せずに根まで信じ
る日本人は愚か者じゃない?日本人は漢字読めるはずなのに。なせこんなにボロボロな捏造された新聞を信じてるのこと、おれは悲し
いとおもいますよ。
Posted by chanhakwai at 2008/04/24 00:42
コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。