Topフジ、その他>菊間千乃プロフェッショナルインタビュー
2012/04/17

菊間千乃プロフェッショナルインタビュー

▼「スタートアップの瞬間 Vol.3 弁護士菊間千乃」という記事より
http://jp.navi.linkedin.com/interview/startup_vol3/
元フジテレビアナウンサーで現在弁護士である菊間千乃さんのロングインタビューです。
アナウンサーには35歳くらいの定年説が実質的にあると思います。
第一線で活躍できなくなるのが35歳だとしたら、資格を取ったり自分に付加価値をつけることで5年なり10年なり寿命を延ばすことができるんじゃないかと考えました。なるべく早くと思って32歳のときに会社に勤めながらロースクールに通いはじめました
アナウンサーという仕事は忙しいと思われがちですが、結構暇なんですよ。一人で何番組も生放送を抱えているわけではないので、オンエアーが終われば時間が空きますし、合間のロケや取材も年齢が上になると行かなくて済むようになります。そういう時間が増えてきて力を持て余しても、それを発揮する場所がないんです。だから、新しい環境に身を置くことができた喜びの方が大きくて、勉強のために睡眠時間が短くなるのさえうれしかったんです
アナウンサーという仕事を経て弁護士を目指すようになったきっかけ、そして超難関の試験に望んだ過程をあますところなく語ってくれています。長いけれどおすすめ、ぜひどうぞ。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。