Top日記>元ニュースJAPANの解説員・松本方哉氏が介護本発表
2009/10/29

元ニュースJAPANの解説員・松本方哉氏が介護本発表

「フジTV松本解説委員が妻の介護本を出版」という記事より。
フジテレビ報道局の解説委員で報道番組「ニュースJAPAN」の編集長も務めた松本方哉氏(53)が30日、著書「突然、妻が倒れたら」を新潮社から出版する。約2年前、妻が46歳でくも膜下出血で倒れ、介護のため番組を離れた。妻は今年3月に卵巣のう腫が悪性に転化したという。同書は闘病についてジャーナリストとして、また介護する当事者の立場でつづっている。
ニュースジャパンの滝川クリステル嬢のパートナーとして知られる松本解説員
介護休業を繰り返すうちに、テレビという表舞台から姿を消したのは今年4月。
奥様の病状はさらに良くない方に行っていたようです。
まだまだ46才という若さなんですよね

そして
息子さんと二人三脚での24時間介護、ということなんですが
その息子さんというのがまだ小学生。
そういった状況からだけでも心労というものの大きさが伺えます。
奥様の回復、そして松本氏の一日も早い現場への復帰が待たれます。

▼Wikipedia松本方哉

410319121X突然、妻が倒れたら
新潮社 2009-10-31






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。